No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 40 (Fri)
dayline

Date 2005 ・ 09 ・ 30

三十日。

20050930_1414_0000.jpg



「そう、今日は三十日さ。何年、何月かは知らないけど、とにかく終わりの日さ。そう、三十一日だって、そりゃあ当たり前のごとくあるさ。けど、悲しいことに僕には三十日までしかないんだよ」


★上野に行ったこと
今日はどっかの伽羅さんというヒトと(藁)遊ぶはずだったんですが、彼女が三時間も遅刻するとのことで、一人で上野で時間つぶしをしやした。ちょうどルーブル美術館秘蔵のエジプト展がやってたんで鑑賞して、その後東京国立博物館に行ってきました。まぁ、普通のヒトから見ればエジプト展がメインだと思うでしょうが、ところがどっこい、毒屋は昔の日本大好き人間なんで後者でハァハァしてました←かなりの不審人物。
だってちょうど興福寺の仏頭が特別展示されてたんですもの!
やはり仏像はイイ!あのなんとも心を静かにしてくれる独特の雰囲気がイイ(゜∀゜)!←その顔文字はどうかと。。しかも博物館の飾り方がなんともGJ!だった。広い部屋の中央にライトアップされたクビだけの仏の頭……。正面から見詰め合えば、ほらなごむ。
何だろう、この胸のときめきは……ここ最近のリボーン読んでるくらい胸がときめくよ←をーい。

え、つまりなんだここ最近のリボーン=超草冠に明るい=興福寺の仏頭ってこと?

さすが、国立博物館!だてに大量の税をつぎ込んでないね!感動をありがとう!←かなり敬ってます。爆。
しかも博物館内もかなりの内装。上の写真もそうなんですが、まるで城みたいな超でかい階段があって、思わずスカートをちょっとつまんで上ってみたり←馬鹿。
割といい暇つぶしになりました。その後は伽羅と合流して、お約束の池袋の某ロードへ。藁。
なんだかんだいって、いい最後の夏休みになりましたとさ。

今日から授業だったけど、六時からだからねぇ。爆。
スポンサーサイト

スレッド:本日の出来事 // ジャンル:小説・文学

腐った女の思考あり。 // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 39 (Thu)
dayline

Date 2005 ・ 09 ・ 29

狂うほどあなたを想ってできた曲なんです

★方向音痴のこと
いや、わしぶっちゃけ方向音痴らしいです(何をいまさら)。
今日それを再確認しました。まさかあんなところで発揮されるとは。。
今日も今日とてゲーム三昧だったわけですが(←駄目なひきこもり)。幻水4をやってたわけですよ。それもまだ始めたばかりだから、ダンジョンすらまだいってない状態なわけですよ。そんで、最初の導入で船操作になれよう!みたいな漢字で、船を操作してフィールドを移動するイベントがあったわけなんですよ。すぐ近くの隣りの島に行くだけの超簡単なイベントなわけですよ。

やっちゃったよ、毒屋はやっちゃったよ。

一時間たっても島にたどり着かないんですよ!!!!
(マジです。この子マジです)
地図見てもなんか知らんが辿り付かないんですよぉおおおお!!!!!
そんなことしてたら、フィールドですから敵が出るわけで、パーティメンバーはレベルが二桁になるしだい。。
まだダンジョンすらいってないんですが!?
それともこれがもしやダンジョン!?(いや、思いっきりフィールドだから)
泣く泣く船内でセーブして、中断。
まったく!コナミったら優しくないよ!全然優しくない!!←をゐ。

あーやる気なくした。爆。

スレッド:つぶやき // ジャンル:小説・文学

つれづれなるままに勝手。 // コメント(4) // トラックバック(0) // Top

No. 38 (Wed)
dayline

Date 2005 ・ 09 ・ 28

それはそれは大きな昆虫でした

★授業登録のこと
やっちまったぁああああああ!
二次登録行き忘れた……。一次で選外なのがでてるんだから、しなきゃ駄目だろ、じぶぅんん!!!!!
ああ、単位34しか取れないや……(´д`)。来年頑張るしかないのか……いやだああああああああ!!!!
しかもweb登録の時間短すぎなんだよぉ。なんだよ、二時~六時までって!その時間帯はゲームしてるに決まってるだろ!(え)
あああ、最終にかけるしかないな。。いいの残ってなさそ。

以上、愚痴でした。

★ムシキングのこと
いや、カブトムシが「ぶしゅあああああああ」とかいう鳴き声発してたら子供泣くから!(挨拶)
今日、登録忘れてたショックでふてくされてたらうっかり12チャンを見ちゃいまして(なんで)。そしたらムシで闘うレイのあのアニメがやってたんですよ(六時四十五分当時)。
いや、なんとも怖いアニメでした。冒頭のことしかり、やけにリアルな昆虫しかり。しかも登場人物がその昆虫より小さいという。これはもう一種のパニックアニメですよ!だってあんた、考えても見なさいよ(おばちゃん口調)、自分の背丈の数倍のムシですよ!?まず真っ先に食われますよ。もうジェイソン真っ青。
しかも話もおかしいし。
なんか主人公の仲間が裏切っちゃう話だったんですが(結構美形が裏切る←ここポインツ。爆)、それがもうおもしろくて(え)。そいつの母親が悪側らしいんですが、服がおかしい、服が。まるで一人サーカスみたいな格好してるんですもん。そいつの仲間もやばい。カブトムシの被り物を頭に被ってるんですよ!?なんの集団なんだ!?これで世界征服とか狙ってたらチャンチャラおかしいです。まったくもって目が離せません、ムシキング!(間違い)
世の中は変わったなぁ(激しく間違い)。

★ゲームについて
DDSアバタールチューナー買いました~。やはりメガテンシリーズは暗くてイイ!(え)。しかも意味わかんね!爆。もうたまらん(ええ)。
あと幻想4も友人から借りました。激しくつまらない(えええ)といわれている今作。一体どうなんでしょうか。違う意味で楽しみです(ええええ)。

ああ、それにしても登録(´д`;)。。←しつこい。あと宿題やんなきゃ。。。←えええええ。

スレッド:つぶやき // ジャンル:小説・文学

つれづれなるままに勝手。 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 37 (Mon)
dayline

Date 2005 ・ 09 ・ 26

「ねぇ、死んだらヒトはどうなるの?」

なんかバトンが大量に回ってきたから、一気に回答!

①【調味料バトン】
②【思い出バトン】
③【ネームバトン】
④【管理人バトン】
⑤【嫁バトン】←!?

最後のひとつはやばくなりそうなんで、見たいヒトだけドゾー。↓
つれづれなるままに勝手。 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 36 (Fri)
dayline

Date 2005 ・ 09 ・ 23

うろんな客がやってきた

きつきから【フェチバトン】なるものが回ってきた。。変態度最高潮だから心してくれ。↓

スレッド:つぶやき // ジャンル:小説・文学

つれづれなるままに勝手。 // コメント(5) // トラックバック(0) // Top

No. 35 (Wed)
dayline

Date 2005 ・ 09 ・ 21

「予定調和とは、名ばかりね」

★1000リクについて
きつきがリクしてくれました!
①BUNP OF CHIKENの「車輪の唄」で妄想!
②THE BACK HORNの「世界樹の下で」で妄想!
どっちもすげぇけど、どっちも無図!!!!爆。
まぁ、気合いれてガンガリます。なんか長くなりそうなので、サイトにアップすると思われます(え)。

★100題について
地味に忙しいので十月まで更新とめます~。なんか次の「柱」が情景が思いつかない……。その次の奴は決まってるんですがねぇ。。スランプとかいうそんな高尚なモンじゃあないと思いますが。

★「かまいたちの夜2」プレイ記
↓ネタばれ多大。気をつけよう!
つれづれなるままに勝手。 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 34 (Mon)
dayline

Date 2005 ・ 09 ・ 19

orz

(゜д゜)ポカーン

((゜д゜))ガクガク

(((((((((゜д゜)))))))))ガクガクブルブル

や、やっちまった!1000を自分で踏んでしまったぁあああああああああ!誰か目の錯覚といってくれぇええええ!!!!!!

ああぁ……orz ひっそりと楽しみにしていたのにぃい。馬鹿すぎる!あまりにも悲しい結末なので、お友達のきつきにリク権をもらってもらうことにしました。ありがとう!きつき!
もう、めでたいお祝いということで何かリクしたいものがあったらじゃんじゃん受け付けますので(いないと思うけど……)、お気軽にコメントに残してくださいな~。
本当に1000ありがとうございました。これからもガンガリます!

★サイトについて
つ、ついに出来上がりました!サイト名は「幕間。」です。オリジナル小説中心のサイトとなります。こちらからどうぞ↓
ぽちっとな~

まだ準備中のところもありますが、お気軽にどぞ~。ちなみにマックに優しくないです。藁。すんません……。

つれづれなるままに勝手。 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 33 (Fri)
dayline

Date 2005 ・ 09 ・ 16

奇跡というものはそれ自体が奇跡であるからして

ついに!ついに!念願の……!
プレステ2を買いました!!!!
そこ、いまさら~とか言わない!藁。ほんと、どうして今まで持ってなかったのか不思議です。まぁ、FF10やらキングダムハーツやらは友人のプレステ2をかっぱらってきて、やってたから全然不自由してなかったっていうのもあるけどね!(あんた最低や……)あと、もうすぐプレステ3がでるのに馬鹿じゃん?とか言わない!そこ!爆。

で、さっそくやろうとしても現在持ってるソフトがエヴァ2(友人と割り勘)と遙とき2(むしろ友人の)しかないというイタタぶりだったので、健全にRPGでもやるかと思って本体と合わせて「アバタールチューナー」を買おうと思ったり。でも!店に2しかなく、泣く泣く断念。そんでどういうわけか、「かまいたちの夜2」を買ってきました。や、やす……ごほがはー。

ジツは毒屋はこの手のサウンドノベルゲームが大好きだったりします。かまいたちの会社が出してる「弟切草」、「かまいたちの夜」やどこだったか忘れたけど「ダブルキャスト」や「サンパギータ」とかやってたりします。なので、根底にはやりたいという気持ちがあって購入しました。決してやす……ごほごほ、千円なんて誰も言ってませんって!獏。

で、さっそくプレイ。
多大なるネタばれがあるので、嫌な人は読んじゃ駄目駄目ん。死。↓

スレッド:つぶやき // ジャンル:小説・文学

つれづれなるままに勝手。 // コメント(6) // トラックバック(0) // Top

No. 32 (Thu)
dayline

Date 2005 ・ 09 ・ 15

「また会いましょう。会いたくはないけれど」

★ちょっと夏休みを見直してみた(そこ、ただ単に100題書けなかっただけだろとか言わない!獏)。

■七月後半
→レポートで奇跡を起こす。四日間で四本アップ。合計六十ページ。二徹した後の太陽の光ってまぶしいんだね、ママン。爆。あとはバイト(……)

■八月前半
→大きな景色の日とサークルの合宿かな……。あとはバイト(………)

■八月後半
→ロシアにバレエ留学中の友人が夏休みで帰ってきたので、久しぶりに遊ぶ。あとはバイト(…………え)

■九月前半
→高校の文化祭を見に行く。高校のときの友人と飲み会。あとはバイト(………………ええ)

あれ、おかしいな。スケジュール帳にバイトの文字しかないよ、ママン。核。わしゃーどんくらいネズミーにつくしているんだ、まったく。まぁ、これほどやりがいのあるバイトは他にはないと思うから、今からやろうかなーって思っている人は面接受けたほうがいいと思います。

それにしても、宿題なんもやってねえや!(むしろさわやかに)ロシア語は辞書買わなきゃいけないのに、買ってもねぇや!あっははははははは!

★キリ番について
ヨネが栄光ある801番を踏んでくれたので、何かリクエストはあるかと聞いたところ「ブラームスの曲で妄想してv」と言われました。今、必死に聞いてますが、どうにも中世の騎士のお話しかでてこないよ!貴様、騎士好きすぎて、毒屋に何か騎士の呪いでもかけやがったか!?(え)まぁ、ガンガル(´д`;)
しかもあっと言う間に1000近いですね。

と、いうわけで日ごろ来てくださっている皆様に感謝を込めて、1000のキリ番を受け付けます!

踏んだ方は毒屋に「こんなテーマで書いてくれ!」(例えば、「夏の終わり」というテーマとか)っていうのをコメントに残しといてください。さすれば、毒屋がスローテンポながらも尽くさせて頂きます~。ただし二次小説は勘弁の方向性で。もちスルーでもOK!
ではでは待ってま~すvvv

★サイトについて
もうすぐできます!結構、力入れて作ってます。ラストスパートガンガルぞ~。

スレッド:つぶやき // ジャンル:小説・文学

つれづれなるままに勝手。 // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 31 (Mon)
dayline

Date 2005 ・ 09 ・ 12

014.師

「ある夜のお話・2」

「ヨル兄さん、何書いてるの?」
「……つまらないことだよ」
「ふぅん?まぁ、いいや。そんなことより兄さん、今日はありがとう」
「礼を言われるようなことはしてないよ」
「何いってんの!僕の地図探しを手伝ってくれたじゃないか。ホントに助かったよ。兄さんがいなけりゃ、僕は絶対に見つけられなかったさ」
「あぁ、そのことか。僕の用事のついでだって言ったろ。気にするな」
「うん。そうだとしてもありがとう。僕は本当に嬉しいんだ。なんとしても黒羽鳥を呼び出さなくちゃいけないから」
「……」
「ホント、兄さんは博識だよね。憧れるよ。僕も兄さんのようになれるかなぁ?」
「……」
「ね、兄さん」
「いや、おまえは僕のようにならないほうがいいよ」
「え?」
「己の身には大きすぎる真実というものは、いずれ己を食い破る……」
「……兄さん?」
「……なぁ、明日は『おうさま』の城を探索してみないか?」
「た、探索って兄さん、あそこに入れた人は誰もいないよ!?」
「誰も真実を見たことがないからこそ、行くべきなんだよ」
「そんなこと言ったって……」
「大丈夫。方法はいくらでもある。さ、もう夜も遅い。もう寝なさい」
「兄さんってば!」
「地図探しには体力も肝心なものだよ」
「う。……おやすみ、兄さん」
「おやすみ、アサギ」

「……よい夢を」

スレッド:100のお題 // ジャンル:小説・文学

創作家さんに100の主題 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 30 (Sun)
dayline

Date 2005 ・ 09 ・ 11

013.death

「ある手記からの抜粋」

僕達には『死』というものがない。
でも、本に書いてあったいわゆる不老不死っていうわけでもない。
僕たちの『死ぬ』は『消滅』に近い。簡単に言うとある日突然、街の歯車が狂ってまるごと消滅する。詳しく言うと、一人の街人が満月になる日の三日前に、どのような形は問わずとも、狂う。そしてその狂いは、まるで伝染病のごとくに街人たちに広まっていく。最終的に街人はその狂いのまま三日間を過ごし、三日目になって、『消える』。
そう、最初からそんな人などいなかったかのように、いなくなる。
塵一つ残さず。
そしてまたその次の日には、僕たちは『復活』している。それもまた何事もなかったかのように。誰も『消滅』して『復活』したことを不思議に思っていない。

不思議に思っていないんだ。

僕は恐い。

どうして消滅するのか、どうして復活するのか、どうしてみんなそのことを疑問に思わないのか、どうして、僕だけ、疑問に、思っているのか。

僕は恐い。

この世界は誰かに操られているようにしか思えない。
同じ顔をした街人なんて、まるで人形のようじゃないだろうか。そして、僕も、同じものだというその事実。

気持ち悪い、気持ち悪い、気持ち悪い!!なんて気持ちが悪いんだろうか!
それに今回の満月は、『黒羽鳥の祭り』の最終日にあたる。この祭りも意味不明だ。黒羽鳥はこの街の創造主とされていて、崇めるべきものと伝わってきているけど、これにも疑問がたくさんある。まぁ、そのことはまたあとでまとめよう。
それにしても、その黒羽鳥の祭りの最終日!最終日だって!?
何か大きなことが起こるといっているようなもんじゃないか。
もう嫌だ、僕は嫌なんだ。静かに消えなければいけないあの恐怖、家族や友人の狂っていくさまをみるのはもう嫌なんだ。
だから、僕はこの現象を引き起こしているものを探してみようと思う。この操り糸を切り外すために。自分の意志のみで『死』ねるように。この気持ち悪さから逃げられるように。
まずはあの城……塔にいるもの、「おうさま」についてだ。そいつは僕らのことをそういう風にしているという噂を聞いたこともある。
……その噂はどこから聞いたのか、不思議と思い出せないけど。とにかく行ってみる価値はあると思う。
明日から「黒羽鳥の祭り」が始まってしまう。
タイムリミットはあと三日。


ああ、どうして、本当に、僕は、こんなことを考えてしまうのだろう。

こんなこと考えることがなければ、僕は……

スレッド:100のお題 // ジャンル:小説・文学

創作家さんに100の主題 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 29 (Thu)
dayline

Date 2005 ・ 09 ・ 08

012.逃亡

「計算違い」

はぁはぁはぁはぁ。
右上部が満ちればもうすぐ満月という、そのどこか少し空が不安定に思える深夜、静まり返った紅い街の大通りをモエギは必死に走っていた。
「ちくしょうううううう」
巨大な存在の何かに追われて。
「どうして、どうして、こうなるんだよぉおおおお」
その紅く染まった目は大きく見開かれ、歯は絶えずカチカチと鳴り、体には震えが走っている。
ともすれば、倒れそうになる彼を攻めているものは、恐怖。
「なんで、なんでだよぉおお!俺はオリジナルじゃあねえのかよぉおお」
彼の足がレンガの道のでっぱりにひっかかり、体が大きく傾いだ。そのまま彼は石畳の上に倒れる。
「くそぉ!くそぉおお!」
起き上がろうと試みるが、最早彼の体は震えっぱなしでひざに力が入らない。ひじをつくにも、すぐに崩れ落ちてしまう。
その時、風が彼に向かって吹いた。
「う、ああああああああああああああ!」
モエギの恐慌状態がいっそうひどくなる。

風が途切れる。

モエギにひとつの人影が落ちた。

玲瓏な声が辺りに響く。

「ねぇ、教えてくれないかい?アキラはどうして君たちをつくったのかなぁ?こんなに醜いのにねぇ。僕には分からない。だから理解するために『君』を借りるね。これは偉大なる役目だよ。……光栄に思いなよ」

「うあぁああああああああああ!」

スレッド:100のお題 // ジャンル:小説・文学

創作家さんに100の主題 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 28 (Mon)
dayline

Date 2005 ・ 09 ・ 05

011.祝

「黒羽鳥の祭り」

絶え間なく降り注いでいた紅い花びらが、止んだ。
それはゲームの始まりの静かな合図。
アサギはひとつ深呼吸をして、昨日まではただの四角い紙切れに地図が浮かび上がり黒羽鳥への導べとなったものを見つめた。

「絶対に君に会いに行くよ。黒羽鳥を見つけて」



絶え間なく降り注いでいた紅い花びらが、止んだ。
それはゲームの始まりの静かな合図。
モエギはその真紅の瞳が細めて不気味ににやりと笑った。準備は整い、あとは夜を待つだけだという事実に満足しての笑みだった。彼は家の窓から街を見る。同じ顔、同じ姿をした汚らわしいものたちを。

「あの汚れた奴らを一掃してやる!」



絶え間なく降り注いでいた紅い花びらが、止んだ。
それはゲームの始まりの静かな合図。
ツキは暗い塔の中で一人で静かに微笑んだ。可愛い可愛い黒髪・黒目の子供たちの未来を思ってだ。
ゲームは確かに始まった。「黒羽鳥の祭り」の最終日が満月になる時を長らく待ちわびていた。あと三日でそれは達成される。
ゲーム、果てしなく長い、因縁のゲームが始まる。

「さぁ、来なさい。私の可愛い子供たち」



絶え間なく降り注いでいた紅い花びらが、止んだ。
それはゲームの始まりの静かな合図。
フールは街の中央にある白い塔の一番上に佇み、特注の少し丸いシルクハットを被りながら、難しい顔をしていた。
「また、邪魔が入ったみたいだな……。タイプ0-Tはこの間片付けたはずだから、今度はどいつだ?」
やれやれと肩を竦めたかと思うと、彼は塔の上から飛び降りる。
かなりの速さで落ちていくが、彼は顔色ひとつ変えない。
「まぁ、いい。あんまり邪魔をしない限りほっとくとしよう」
絵の中にはいった時のように彼の体がぐにゃぐにゃと変わっていく。どこか楽しそうだった顔色はどんどんと悪くなり、服も燕尾服ではなく白色のズボンとシャツに変わっていく。
そして地面が目前に迫り、ぶつかりそうになった瞬間、彼の姿が一瞬掻き消えた。
だが次の瞬間には平然とあたかも最初からそこにいたかのように地面の上に立っている。
そんな彼の姿はどこから見てもこの街の住人に変わっていた。

「楽しい楽しいゲームの始まりだ!」

スレッド:100のお題 // ジャンル:小説・文学

創作家さんに100の主題 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 27 (Thu)
dayline

Date 2005 ・ 09 ・ 01

躾は三ヶ月から

うちのトイレにはカレンダーが飾ってあります。野菜が擬人化したほのぼのなイラストのカレンダーなのですが(ソレほのぼのか?)、少し問題があるのです。
カレンダーの日付の下には、健康のための一言メモみたいなものが付いてるんですが、それが問題なんです。
いや、その大部分はいいんです。大部分は。
「テレビは明るい部屋で」とか「ボケを防ぐために折り紙」とか「薬も過ぎれば毒」とかなんですけど、ある日の一言がやばかった。
それは……

「躾は三ヶ月から」

思わず、目を見張って叫びましたね。そりゃあ、もう。

「いや、せめて七年ぐらいたってからじゃないと、捕まるだろ!」爆。

七年でも捕まるか……?捕まるなぁ。藁(えない)。
「なんじゃーこのカレンダー!犯罪を軽やかに助長か!?ストレスを溜め込んだらいけないってことですか!?」と思っていたらなんのことはない。次の日の一言によって疑問氷解。
「散歩はまめに連れて行く」
……どうやらペットかなんかのことだったようです。しかしそれにしても言葉が少なすぎだろう。これでは誤解してくれといわんばかりじゃあないだろうか?(いや、あんただけだから)
それとも散歩に連れて行くのも、実は……(とまっとけ)。

そんな妄想助長なカレンダー(え)はさしおいて、サイトの話!ただいま鋭意製作中ですが、なんかもう疲れてきちゃいました!(え)百題のやつまとめてみたら、なんか20ページくらいはあるし。死。そんなに書いてたのか……。ううっ。まだ、死ねない……(おおげさ)。

スレッド:つぶやき // ジャンル:小説・文学

腐った女の思考あり。 // コメント(4) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。